FC2ブログ

またブラジルのお話 (^_-)

 ブラジルが何かと登場する昨今、…27年前の新婚旅行で訪ねた時の、リオの写真を紹介しますね。  丁度、NHKのワールドカップで、多色のイラストが動くのですが、あの正に場面… 

  コルコバード 補正 400
 まずこの写真! ~絶景!~ ヽ(^o^)丿 写真右上、そり立つ岩の頂上に、高い十字架が! それが、キリスト像で、グアナバラ湾を見下ろしています。登山電車などで行けます。
 
  ウルカの丘 補正 400
 その見下ろした所に市街地、そしてその先に、ウルカの丘…パンヂアスーカルと言われている砂糖パン形の、海の中いきなり盛り上がる岩の塊!今はケーブルカーで近づけます。

  パン・ヂ・アスカール前ホテル 補正 400
 ついでながら…おまけで私達の写真。 ホテルのベランダがフォトスポットになってました。このホテルでは、シュラスコと言う、最近日本でも有名になった、お肉の食べ放題(色々な部位を、お皿に削ぎ落してくれる) を楽しみました。

 さて、こんなリオの絶景を歌ったボサノヴァがあります。   たしか、ヴァリグと言う航空会社のコマーシャルソングだったかと… 少し紹介しますね。
  
    SAMBA DE AVIÃO
Minha alma canta Vejo o Rio de Janeiro Estou morrendo de saudade Rio teu mar, praias sem fim Rio vocě que ē feito pra mim Cristo Redentor braços abertos sobre a Guanabara Este samba ē só porque Rio eu gosto de vocĕ  A morena vai sambar Seu corpo todo balançar Rio de sol, Rio de mar Água brilhando, olha a pista chegando e vamos nós

 この、飛行機のサンバ、と言う曲、まず海の神などへのお祈りの言葉から始まります、無事に到着しますように…と。
 そして。 【訳】  私の心は歌う リオが見えてきたから あの懐かしさで胸が苦しい位… リオ、お前の海・どこ迄も続く海岸よ… キリスト像は両手を広げてグアナバラ湾にかぶさる  このサンバは、私がリオ、お前を大好きというだけの思い モレーナがサンバを踊り出す、その見事な体でバランスとりながら…! 太陽いっぱいのリオ・海に抱かれたリオ… 海の水がキラキラし、ほら、滑走路が近づいてきた!さあ着くよ~~   


 そして、2番では、… シートベルトを締めて、もう着くよ  あと1分もすればガレオン空港に到着だ…  着陸!  と仕上げます。
 モロに機上にいるのがわかりますね。空の上から見下ろしている詩なので、手を広げた後姿のキリスト像の向こうに、丁度2枚目の写真の風景が広がってる状況かと思います。   サウダーヂと言う単語は、ポルトガル語にしかない、とも言われています。一応郷愁と訳されますが、…私の解釈では…、昔懐かしさ、自分の中に確かにあった大切な暖かい物、胸にギュッ…と来る物、その感情…かな? 私が丁度リオやリスボンを思う気持ち、とか、昔好きで憧れてた人への思い…?など。   モレーナは、混血の女性。移民の国ブラジルでは、特にこの褐色の肌した女性が人気で、大抵若い娘は、ボン・キュ・ボンの体型を露出して歩いてます。 …と言うような解説があった方が、よりこの歌詞の情景が浮かぶのでは…

 この曲が好きなので、以前生革を習ってた時、オリジナルで、ブレスレットを作りました。このボサノヴァの歌詞最初の部分を入れてみました。 なお、その左のは、これまたオリジナル。自分が好きな色・使いやすい色で、ピアス・リングをしたためました。  生革作品に関しては、またの機会にでも。  

  P1020075生革に戻す 400
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satokuwasasa

Author:satokuwasasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR