FC2ブログ

Pyeong Chang オリンピック、開幕(^^)/~~~ ❤❤

 いよいよピョンチャンのオリンピック!ですね。引越の荷造りで忙しい この時期で大変!なのですが、どっちも頑張って励みます~~
 楽しみにしてるのは勿論フィギュアスケート ですが、他にもスノボのスロープタイプ(前回のソチでは、マトリョーシカを飛び越えるメルヘン&ポップな演出で印象的な)・ハーフタイプ(円筒の半円のようなコースの) が、マイブーム とってもカッコイイ、とドキドキ&ワクワクします。
 開会式ですが、あのNANTA(台所用品を打楽器にする)で有名なソン・スンファンさんがプロデューサー!というので、面白くなりそうと期待。 実は私は、身近な国韓国の事は余り知らないのですが、韓国の素敵な所をいっぱい紹介した演出でした。
 そして、感動したのがふたつ。
 まず、何と、交際結婚によって生まれた子供たちで作る!レインボーチルドレン合唱隊!による、国家斉唱。~皆さん、意外だと思いませんか?韓国は日本同様、単一民族だと思っていたのに~と。 様々なルーツの子供が多文化社会韓国の未来を担っていると~ そうでした! 30年前からそれは想像出来ました。…というのは、…私はリスボン留学した時に、韓国人の友人もいたのですが、何故留学したの?という問いに、彼は、『韓国は資源がない。世界をつなぐ人が資源にならなくてはならない。ブラジルは資源が豊富だし、自分はその為ポルトガル語を学びに(何故リスボンに?と思う私)やってきた。』というのです。あの時代、韓国は30年後などを見据えて、世界各地に留学生を派遣してました。韓国では若い人は英語ペラペラだったり、今や IT産業で世界トップクラス、という時代。ひょっとしたら、あの友人達も国際結婚して、そしてこの合唱団の中に彼らの子供がいるかも~なんて思い出しながら見てました。
 もうひとつ感動したのは…これは皆さんもそうかも、そして、テーマも、演出者の意図もそうだったと思いますが、…南北韓国合体の入場行進やらアイスホッケーチーム…北朝鮮の言動には直前も色々とありましたが、今回何と友好ムードを示してました。これが本当で永遠であれ~と望みますが。 先ほどリスボン留学のお話をしましたが、…ポルトガルは北朝鮮とも韓国とも国交のある国。両方の留学生がやってきてました。そしてそして、お友達!でした。国同士は政治上対立してるのですが、若者たち、同じ民族で同じ言葉・同じ文化……考えてみれば、戦争で日本が朝鮮半島を占領した、その後日本が敗戦した為、米ソの思惑で、二つの全く異なる国が出来てしまった。 イムジン川で分断され、全く別の方向未来を持つ国・それを担う国民とに分かれてしまった…今の北朝鮮の政治のきっかけに、何と日本が関わっていた訳ですよね…こんな事は世界史上、2度とあってはならないですよね…(;д;)

 さあ、気になるスケートですが、…特に今回誰もが羽生結弦選手の調整具合を心配してるかと… 私もプチ・ユズリストでしょう。実はたまたま、初詣に兵庫は御影の『弓弦羽神社』…もろに『ゆずるは』です。2文字もダブってます。…という事で、ユズリスト達の聖地となってまして、本人もそれを知ってお参りしてます。とりわけ11月に怪我した時には、回復願うファンのお参りが絶えなかったとか。…神社はちょこっとパワースポット的な感じがしましたよ。
  RIMG0030 補正

 先ずは神社の全容、でした。 八咫烏(ヤタガラス)をシンボルにしてます。 実は日本サッカー協会も同じシンボルという事・日本初のサッカーチームが地元御影で結成された事、もあって、ここはサッカーの聖地でもあります。入口に御影石でサッカーボールが飾られ、レオネッサやヴィッセルの地元神戸チームの名前も見られます。 
  RIMG0027 補正

 そして、羽生ファンからの沢山の絵馬。 続いて本人の絵馬。~何と、3・11から4か月後の直筆です。切実な彼の願い、『世界のトップ・東北の光』と書いてあるのは、とても貴重。あの時点ではまだ彼は環境も技術もとても不安だった頃。3・11から3年後、彼がとんでもない偉業を成し遂げていくのを、どの位の人が想像できたでしょうか…
  RIMG0038 皆の絵馬
  羽生の絵馬、弓弦羽神社とりあえずトリミングのみ

 また長くなってしまいましたね。…では、一応手作りを紹介。今回はちょっとバレンタインらしく、1月に習ったラテアートでの作品。習った、と言っても、一寸凝ったラテアートは、特別な高い機械を使わないと、プロもなかなか出来ないらしく…家でお誕生日にでもしようと企んでた私にはショック。今回のこの写真が記念に残りました。でも、珈琲の事、色々新たに知るチャンスでもありました。昔から不思議だった、ベトナムコーヒー、ある時期から生産量が世界2位?まさか~と思ってたのですが、その理由は、缶コーヒーに使われる素材だったようです。長年の謎が解けて、スッキリしました(^_-)-☆ では、3回体験した中でのベスト1を!
  DSC_9599 補正これ
 素敵でしょ?一生に一度の快挙?かな? ミルク絞る所まで先生が手を添えてくれて、その後、私が見本見ながら熊の顔にしていきました。 さぁ、オリンピック見ながら、美味しい珈琲頂きましょうね。
スポンサーサイト



2018年幕開け!しかし…まさかの?波乱の年か??(''_'')

  2018年となりましたね~~今更ですが…もう2月になってしまいました。 実は、波乱の幕開けとなりました。

 まず、年末に困った連絡が…阪神間に住んでる今のお家、大家さんが帰任!と急に決まったらしく、それもギリギリ3か月と何日か前の連絡で、法律的には有効でギャフン! しかも、しかも、ですよぅ、8月に帰任が延びたので、あと1年くらい居て下さい…と言われてたのに…という事で、この大家さんの身勝手さに憤慨、そして、特に書類は要らないと言った上にこの経緯をパソコン入力漏れしてた不動産とかけあってしまいました。あっちもこっちもケシカラン! 不動産も自分の非を認め、代替えのお家を見つけてはくれ、大変ですが、引越す事となり、今超多忙になってしまいました


 そしてまた、年賀状刷り終わった直後に、7年使ったパソコンがいきなり壊れました。ショック!液晶画面が急に真っ黒になって、一切操作出来なくなったのです。…この忙しいのにぃ~ しかも、引越しで膨大なお金がかかる時にぃ~ 仕方なく新しいのを買ったものの、1月下旬はお正月休みの振替や引越しの件で自由時間がなく、なかなか設定が出来ない!今日やっとワードなどに繋いだのですが、フォトショップエレメンツが引き継げず、写真加工などがまだよくわかりません…クシュン…  このブログも、他のSNSが盛んな世の中だし、これを切りにやめようかな~と思いつつ、…でも急に中止は自分的にも気分が悪い、と悩んでました。…とりあえず、写真が不安ですが、ブログを試みているところです。

 やはり上手くいきませんでした という事で、ここで何日かずれ、その間いくつか試行錯誤。問い合わせもして、それでもフォトショップエレメンツ程上手くはいきませんが、何とかここまで~
 では、2012年以降取り上げている年賀状から~
 今年は戌年。…ですが、それよりも、平成がもうそろそろ終わり。2018よりも平成30年、なんて、ちょっといいわね~と思い、それも、御覧の通り、『参拾』という漢字の特殊数字に拘りました。…なので、今年は松竹梅など使って和風にしました。…ワンちゃんと足跡は、忙しくて単にクリップアートからのもの。でも、10種類のアート効果を使ってみました。
P1000308 補正2 実は毎年、何種類もデザインを考えます。でも主人と連名で共通の親戚や友人にも出すので、主人にもお伺いを立てる事になります。…で、私の第一希望が通らない年が多く、今年も御多分に漏れずそうでした。戌年、なので、我が家には犬とかいないのですが、…101匹ワンチャンやシナモンでは芸がないし、何か他ので~と思い…そしていいのを見つけました。

 下の写真が没った物です。左上は、私の大好きな、スペインのイラストレーター、ハビエル・マリスカルがバルセローナ・オリンピックでデザインしたコビーちゃん(右)…当時私はよくグッズ買ったものです。(お皿などまで!)…コビーの左は、実は当時はまだパラリンピックの存在も知らなかったかも…そのキャラクターのペトラ…やはり犬ですが、腕が無くちょっとドキッッ 上の右は、キッザニアのキャラのバッチェ…知る人ぞ知る…その年代の子供がいないとわからないかも、ですが。 続いて右下は、NHKのTV英語のチャロ。この番組が始まった時、何て可愛らしいキャラでお話だろう~とちょっとファンでした。 左下は単に足跡の形が好きで…でも、土台は振袖の帯揚げを写真にして利用しました。 しかし、先にも申しましたが、主人的にダメでした。作曲などする立場で、キャラの無料拝借は咎めるらしいのです。…年末の忙しい時にとっても時間使って色々デザインしましたが、結局は上の葉書となりました。

2P1000305 補正

 さて、お正月らしい物を…もう睦月は終わり如月ではありますが…

 昔ラッピングで瓶を包んだ物です。赤と金色でおめでたい!そして、1枚の紙で折鶴入りです。梅もあしらってお正月らしいので、今日の最後に加えますね。…とりあえず、今年1号のブログ、ギリギリ続けました。  !(^^)!
P1000306 補正2





プロフィール

satokuwasasa

Author:satokuwasasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR