FC2ブログ

漆の箪笥

 残暑厳しい毎日!でも、ほんの少し夜と朝は、凌ぎやすくなったかも…
 忙しくしている内に、もう9月!
 8月は、世の中、皆様夏休みでしょうか? 

 うちは、子供たち、二人で初めて神奈川の父親宅へ、陣中見舞い…というか、友人に会ったり、便利だったお店でお買物したり…3人で11時頃起きてブランチしたら午後!の毎日だったとか…父親は小言言わないし、ご機嫌だったでしょう (>_<) 私の方は、折角独り、でもパート半分、残りは、忙しくて取れなかった女正月、として好きな事、手芸や写真整理を…けど実際は、オリンピック観戦が殆どでした。
 私の実家は、鳥取県の倉吉市…県中央部の町で、小京都とも言われる白壁土蔵群のあたりです。 (・o・) 大学以降は東京暮らしが長かったのですが、長女はご多分に漏れず里帰り出産で、それ以降孫の顔見せに帰省。とりわけ、夏休みは2週間位過ごさせてもらったものです。何しろ広い日本家屋で、畳や縁側にゴロリして漫画読んだりするのが、子供たちのお気に入り!時々海や中国庭園に連れて行ってもらったり… 流石に、部活などが入り、最近はなかなかゆっくりは…  今年は…余りの暑さに母からお断りが出ていたものの、それも気になるし、合格証を亡祖父に見せに…と、姉達とシーツ持込で少しだけ帰省しました。 子供がこの年になると、なかなか家族揃って出掛ける機会も難しく、仕方のない事ですが残念ですね。


 さて、実は私、長く細々と続けた工芸がありまして…
 もともと漆が好きだったのですが、金繕いという器などを修繕する技法がある、と知り、空いてた半年(月1回ですが)講座に通いました。その奥深いのに感動、但し、とても手のかかる根気のいる作業、特に半年コースとかではないとわかり、…こういう物こそ、未知の世界、先生の指示を仰がなくては先に進めない物と感じたので、そのまま引越まで続けたのです。 最初は壊れた器を修理していたのですが、先輩が余りにも色々な細工をしてる事から、…以前から気になっていた、ひび割れ剥がれた漆の箪笥(特に引き戸)が修復出来るか相談、大丈夫との事で、ほぼ2年間、その大掛かりな作業をしてました。
  実は私の祖母の嫁入り道具で、…私の結婚の時、小さな一時的なマンションだから大きな箪笥など買わないよう、嫁ぎ先から言われ、…それなら、使ってないあの箪笥を持って行きたい!と新婚生活以来、ずっと持ち回っています。  でももともと明治大正の代物、既にボロが…気にはなってもまさか、何十万円か出して修復に出す気になれず、傷んだまま、反り返ったまま、ひび割れたまま、…でした。~修復前の写真でわかるでしょうか?
 バラす事から始め、板の隙間に木片を入れ、何度も漆(室に入れなくてもいい簡易の)を塗ってはやすりをかけ…などなど、まるで職人さんになったように何工程もかけました。
 修復前後の写真2枚ずつ載せますね。 (^_-)-☆


  箪笥1

  箪笥2

  箪笥3

  箪笥4


 最後螺鈿などを使って仕上げました。 やはり引き戸だけが綺麗になってしまってます。箪笥他部分もかなり傷んでますけど、…大きいので、修理にはゆったり出来なければ…しかも、梅雨が作業が早く進むので、…(これもこの梅雨明け頃に完成)…可能なら、次の梅雨頃…と希望してます。 やっと一段落してホッ… \(^o^)/ 金繕いでは、他に器や貝殻を細工したので、その内機会あれば、また見て下さいな ♥♥ 

 9月半ばから年末迄、かなり忙しくなってしまいました。話せば長いのですが、通学、いや、職業訓練です。 ブログ更新も気紛れになりそう… 多分お友達などがこのブログ見て下さってるかと… 携帯メールなら、早めに返信出来ると思いますので…
スポンサーサイト



プロフィール

satokuwasasa

Author:satokuwasasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR